マスクは口の周りのニキビにはよくない?

口の周りのニキビを隠すためにマスクをすると・・・

マスク

口の周りにニキビができてしまうと、目立つ上に不衛生に見えることもあって、口の周りのニキビを隠すためにマスクをする女性も少なくないと思います。

 

最近では、花粉予防やインフルエンザ予防の他、乾燥対策のために、比較的気温の高い時期でもマスクをする女性も増えてきています。

 

また、ファッション性のあるマスクも販売されているなど、マスクをすることに対する抵抗感は以前より薄れつつあるようです。

 

でも、やはりマスクはニキビにはよくないようです。


マスクをするとニキビを悪化させやすくなる?

口周り ニキビ

マスクの内側は高温多湿状態
マスクの内部は吐く息によって温度が高くなり、息に含まれる水分がこもることによって常に湿った状態に置かれることになります。
確かに保湿効果はあるのですが、どうしても通気が悪くなるために雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

マスクとの摩擦による刺激
マスクをすると布が肌にあたるので、口の周りが動く度に摩擦によりニキビが擦れてしまいます。
擦れること自体が肌荒れを起こすので、当然、ニキビにもよくない刺激を与えます。

 

これに加えて、マスクの内部で繁殖した雑菌をニキビに擦り込んでしまう結果となります。
これでは雑菌だらけの手でずっとニキビを触り続けるのと同じことになります。


以上のように、マスクによって口の周りにニキビの症状をを悪化させてしまうケースも少なくないのです。
一説によると、看護師や歯科衛生士など、マスクをしている時間が長い職業では、口の周りのニキビに悩んでいる人も多いとのことです。

 

このような理由から、口の周りにニキビができた時はマスクをしない方がいいのです。
ただ、花粉シーズンなどでどうしてもマスクをする必要がある場合は、一般用ではなく女性用に作られたもので、なるべく直接口に触れずに口の周りに空間ができるタイプを選ぶといいでしょう。
また、同じマスクをずっと着用せずに、こまめに換えるよう心がけることも大切です。