口周り・口元のニキビの症状の進み方

口周り・口元のニキビの症状の進み方

口周り・口元のニキビ

口周りは乾燥しやすく、かつ刺激を受けやすい部位です。

 

ニキビの根幹の原因は肌の乾燥や刺激によるものですが、その結果、毛穴詰まりで皮脂が溜まってニキビが発生し、症状が進行していきます。

 

口周りのニキビにしても、症状の進み方については、他の場所にできるニキビと同様の経過をたどります。


ニキビの初期段階(白ニキビ)

乾燥や刺激によって口周りの肌の角質が硬くなると、毛穴が狭くなるために皮脂が皮膚表面に排出されにくくなり、次第に毛穴の中に溜まっていきます。
溜まった皮脂は塊りとなり、口周りの皮膚に白っぽいニキビとして現れます。
最初は表面に少々盛り上がりが認められる程度で、ニキビ周辺の皮膚の色もその周囲の正常な肌と大きな違いはありません。
この時期のニキビを圧迫すると、内部に溜まった皮脂が粘り気のある液状の物質として出てきます。
ただ、この段階では炎症が起きていないので、特に治療をせずに放置していても治る場合が少なくありません。

ニキビの中期段階(黒ニキビ

初期段階の白ニキビから症状が進むと、内部に溜まっている皮脂の塊りが大きくなり、毛穴を押し広げて皮膚の外に出てきます。
出てきた皮脂の先端が空気に触れることによって酸化して黒ずんでくるのですが、この状態が黒ニキビです。
この段階でも炎症は起きてないのですが、初期段階の白ニキビに比べると黒ずんでいる分目立ちやすく、口周りの場合はかなり気になる場合もあります。
また、酸化が進むと色素沈着の可能性もあり、ニキビ跡が残ってしまうかもしれません。
この段階では、口周りの皮脂の分泌を抑える対策や、口元の肌の角質ケアを行うことが必要になります。

ニキビの後期Ⅰ段階(赤ニキビ)

黒ニキビから症状が進むと、ニキビ原因菌が発生し、毛穴に溜まった皮脂を栄養源として繁殖し、炎症が起こって赤く腫れてきます。
口周りがこのような状態になると清潔感が失われ、非常に気になるため、多くの人が悩んでいると思います。
この段階では炎症が起きているため、基本的には、抗生物質による治療が必要になります。
ニキビが炎症を起こしてしまうと、ケアの仕方によってはニキビ痕が残ってしまう可能性もあるため、自己流のケアではなく、できるだけ早い時期に専門医の診療を受けて適正な治療を行った方がいいでしょう。

ニキビの後期Ⅱ段階(黄ニキビ)

赤ニキビからさらに悪化すると、炎症のために腫れて熱をもち、膿が発生し、変色して黄色にみえるようになります。
また、痛みを感じる場合もあり、ニキビ跡が残ってしまう可能性も非常に高くなります。
この段階で適切な治療を行わず、そのまま炎症が続くと、肌がケロイド状になってしまう場合もあるので、とにかく一刻も早く専門医の治療を受ける必要があります。

 

 

 

【ラ・ミューテ美肌セット】
大人ニキビ・肌荒れに新発想のアプローチ!大人ニキビ撃退コスメ!

期間限定のお試しコースがお得です!
その実力はTVや女性誌でも絶賛されており、大人気のコスメです。
180日間の返金保証付きです。

【エクラシャルム】
つるつる手触りのモテ肌に!ニキビケアの常識を変える!

初めての購入者限定の「ラクトクコース」が人気です。
「ラクトクコース」は毎月1箱(1ヶ月分)を自動的にお届けするプランです。
毎月300名まで、82%OFFという低価格で始めることができます。
30日間の返金保証付きです。

【パルクレールジェル】
もうニキビに悩まない!美白もできる大人ニキビケア!

「定期便パック」が人気です。
「定期便パック」は毎月1ヶ月分を自動的にお届けするプランです。
「定期便パック」申込で最大49%OFF!
業界初の永久返金保証付きです。